"2011年4月"の記事

カイロプラクティックと整体との違いは?

Filed under: 治療方法,院長ブログ — @ 2011年04月15日 (金)

「カイロプラクティックと整体のちがいはなんですか」と聞かれることがよくあります。骨をバキッとするかしないかの違いくらいに思っている方も多いと思います。
明確な線引きは難しいところがあります。ヒトの身体をケアするという目的は同じです。例えるなら登山ルートのようなものでしょう。目指すのは頂上(治癒)ですが、ルートはいろいろあるわけです。
カイロも整体も筋肉や関節もしくは皮膚に刺激を加えます。ですから見た目にはあまり大きな違いはわかりません。しかし敢えてその違いを言うなら(個人的な見解かもしれませんが…)、カイロの場合は、皮膚・筋肉・関節からの刺激により、どこの改善を目的としているかというと、脳や中枢神経であると思っています。同じ筋肉や関節からの刺激入力であってもターゲットとする場所が違えば自ずとその効果にも違いが出てくると考えられます。
いろいろな治療法がありますが、一番大事なのは、「その人の症状がどこから来ているものなのかをきちんと捉えた上で、その時の状態に合わせた適刺激を行う」ということではないかと思っています。ですからカイロでも整体でもきちんとした病態の把握ができれば、やり方の違いはあってもきちんとした結果が出ると思います。

待合室は滝の2,000倍のマイナスイオンです

Filed under: 院長ブログ — @ 2011年04月09日 (土)

 受付カウンターから待合室を見下ろすようにマイナスイオン発生器が配置してあります。品名は「滝風 ION MEDIC」。大きな器具ではないのですが、これがなかなかの優れものです。なんとこの「滝風」は自然の滝の2,000倍ものマイナスイオンを発生させることができるのです。
 「滝風」が発生させるマイナスイオンは、空気中を漂う塵やほこり、カビ、花粉などのいわゆる「ハウスダスト」はもちろん極小の有害微粒子までもしっかりキャッチしてくれます。
 また人体においても細胞の酸化を防ぎ新陳代謝を活性化する働きがあるため、身体の不調の改善などにも良い影響をもたらします。
 お待ちの間に「空気のビタミン」を浴びてみてください!!

もみ返しで困ったことはありませんか?

Filed under: ワンポイントアドバイス,治療方法 — @ 2011年04月05日 (火)

 強い刺激の後に筋肉がよけい硬くなった経験はありませんか。強い刺激になれてしまうと弱い刺激では物足りなく感じることがあります。しかし筋肉は思った以上にデリケートなものなのです。
分かりやすい例でいうと、お肉屋さんで売っている生肉をたたくと血がにじんできますね。私たちの筋肉も同じことが言えるのです。強く揉んだりたたいたりすると、毛細血管を過度に刺激してうっ血を起こします。うっ血が起こると筋肉の中の血流が悪くなりよけい硬くなることがあります。これがいわゆる「もみかえし」と考えられます。

 一番大事なのは、最初になぜ筋肉が凝って硬くなってしまったかを把握することなのです。筋肉自体の問題なのか、関節の動きの悪さに関係するのかなど見極めることが一番大事なのです。仮に筋肉自体の問題だとしても、筋肉の緊張を和らげるうえで和らぐ方向を見つけることにより軽い力で筋肉を緩めることが可能となります。逆に言うと緩まない方向には、いくら強い力で刺激しても充分な効果は期待できません。
 筋肉に負担をかけない刺激を行えば、「もみかえし」ということは起こらずにすみます。