"2011年11月"の記事

皆さん真面目です。

Filed under: 院長ブログ — @ 2011年11月30日 (水)

本日(11/30)は午後から非常勤講師をさせて頂いている北陸学園に授業のため行って来ました。

学生さんはみな志を持って来ているので、真剣に授業を受けています。

授業のタイトルはリハビリテーション概論といいますが、内容は「人の診かた」です。

教えるためにはそれ以上に学ばないといけないので、自分自身の勉強にもなります。

目で見て原因を探ります。

Filed under: 治療方法 — @ 2011年11月28日 (月)

腰痛や肩こりのとき腰や肩を揉んだりたたいたりしてもあまり変化がなかったという体験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

それは原因がその痛みの場所ではないということなのです。

現在当院では、体のどこに問題があるかをまず目で見て確認するようにしています。

どこに問題があるか見極める力が、効果的なアプローチにつながっていきます。

犬は腰痛にならないか?

Filed under: 院長ブログ — @ 2011年11月25日 (金)

腰痛は直立二足歩行の人の宿命といわれます。

二足歩行が腰痛の引き金になるとしたら、犬は腰痛とは無縁なのでしょうか。

うちの愛犬は、えさをやる前には必ず二本足で立つ芸をさせます。

腰痛にならないように違う芸をさせようかな~!!二足で立つ愛犬

今日の感想

Filed under: 院長ブログ — @ 2011年11月24日 (木)

11月24日、今日は朝から荒れた天気でした。

強い雨風でしたが、そういう中ご来院いただいた皆様には感謝申し上げます。

気温の変化が激しいので、体調にはくれぐれもお気を付けください。

筋肉を緩めて、腰痛・肩こりを解消!!

Filed under: 治療方法 — @ 2011年11月22日 (火)

腰痛・肩こりを引き起こす原因として一番関係すると思われるのは筋肉です。

痛みがあるところの筋肉には何らかのトラブル(硬くなっている、弱くなっている)があることが多いのです。

ですから、痛みを発している筋肉を探し出し、その痛みが和らぐポイントを見つけ出すことが大事です。

そのポイントが痛みを発している筋肉自体にある場合もあれば、別のところ(手のひらら足の先など)にある場合もあります。

痛みの場所と痛みの出かたを良く聞いていくと、どこに問題があるのかがわかってきます。

慢性的な腰痛、肩こりの方も、きちんと診ていけば、良い結果が出ると思いますよ!!

参考書を買いました。

Filed under: ワンポイントアドバイス — @ 2011年11月21日 (月)

筋骨格系の触診マニュアル   先日茨城で開催された日本カイロセミナーの会場にて、参考書を購入しました。

   タイトルは「筋骨格系の触診マニュアル」といいます。

   本はカラーで筋肉の触り方について解りやすく書いてあります。

                     DVDも付いていているため、実際の動きさがわかり便利です。

                     今回講師の先生方も絶賛していた本でした。

                     よく読んで毎日の治療に役立てたいと思います。

qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq

庭木の囲い

Filed under: 院長ブログ — @ 2011年11月19日 (土)

庭木の囲い

竹竿を使って庭木の囲いをしてみました。

本来囲いは、木が雪で折れないように竹竿などを使ってカバーするものですが、
うちの囲いは素人がやるのでぐらぐらしていて、木が囲いをささえている?かもしれません。

治療室から庭が見えるので、囲いの上手な方は見ていただき、アドバイスをお願いします。

そろそろ冬支度です。

Filed under: 院長ブログ — @ 2011年11月18日 (金)

今日(11月18日)は、久しぶりの晴天です。この時期の晴天は儲けもの。

そろそろ庭の植木の冬囲いをしないといけません。

天気はいいけど風が冷たそうだな~!!

勉強してきました。

Filed under: 院長ブログ — @ 2011年11月15日 (火)

11月12(土)、13(日)と茨城で開催された日本カイロプラクティックセミナーに出席してきました。第14回目を迎えた今回の大会には、全国からおよそ60名の参加があり、知識・技術の習得とお互いの親睦を深め合いました。

今回の会場となったデュープレックス・セミナー・ホテルは、セミナー専用のホテルだけあって、充実した設備でしっかり勉強することができました。2日間ホテルの庭以外は外出することはなく、まさに”かんずめ状態”で勉強してきました。

今回は全部で5人の講師の先生から講義をしていただきました。トップバッターは、私の師匠でもあります守屋 徹先生による「カイロプラクターのための「痛み学」」の講義がありました。守屋先生には当院でも7月の勉強会の講師をしていただきました。今回の講義も痛みのメカニズムなど、内容のすばらしさにいつも感動をおぼえます。

このほか4名の講師の先生方から、触診技術・禁忌症・トリガーポイントなどカイロプラクターとして必須の内容をご教授いただきました。

このようなセミナーで学んだことが、ご来院いただく皆様に還元できるように日々の臨床を誠心誠意行っていきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

変形と痛みは違います。

Filed under: ワンポイントアドバイス — @ 2011年11月14日 (月)

膝や腰、その他の関節痛を抱えている方で、「骨が変形しているので、痛みがあるのはあたりまえ」「骨の変形は治らないから痛いのも治らない」と考えている方は、とても多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、変形=痛みではありません。骨の変形というのは年齢がいけば、誰でも起こる変化、いわば生理的な変化といっていいと思います。変形=痛みと仮定しますと、もしある年齢で変形が起こるとしたら、必ずその年齢になった時には痛みが現れないといけませんが、かなり高齢の方でも関節の痛みがなく元気な人はたくさんいます。ただ個人差がありますので、早く変形する人もあれば、遅くなってから変形が起こる人もあります。

骨が変形していなくても、筋肉の緊張が強くなったり、組織へ行く血流が傷害されたりした時に痛みが出ます。逆に骨が変形していても筋肉のバランスが良い状態、血流が良い状態ならば、痛みは起こりません。

“骨が変形しているから・・・”と痛みをあきらめている方は、あきらめる前にまだできることはあると考えてください。