"2012年3月"の記事

膝の痛み―その真犯人は?

Filed under: 治療方法 — @ 2012年03月29日 (木)

先日来腰の痛みのため来院されていたKさん。2回ほどの治療で腰はだいぶ楽になったとの事。

最終チェックで来院した際、腰は大分良いが今度は左の膝が痛くなってきたとの事で、診ると腫れて熱感もあります。

朝起きたときからの痛みで、昨日まではなんともなかったらしい。特に変わったことをしたわけでも、無理な運動をしたわけでもないのに痛くなってきた。

関節の痛みで、腫れと熱感があれば、外力により炎症が起きていると考えるのが一般的ですが、このような場合に考えないといけないのが、代謝の問題です。代謝が悪いと痛みや腫れが出ることがあります。

そこで「何か脂っこいものを食べませんでしたか」と聞いてみると痛みの出る前日、前々日とカップラーメンを食べたということでした。脂肪の代謝に関係するのは、胆汁です。胆汁は肝臓で作られ、胆嚢から排出されます。脂っこいものを摂ると胆汁分泌が多くなりますが、摂りすぎると胆嚢に負担をかけることになります。

胆嚢と関係する筋肉は、膝か筋といって膝の後にある筋肉です。ですから今回のケースでは、胆嚢の機能を改善することや胆嚢の反射点を用いた治療をすることが症状の改善につながると考えました。

痛みの発生状況や痛みの出方を詳しく聴くことで、痛みの背景にあるものが見えてくると思います。

ようやくか!?

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年03月27日 (火)

昨日は朝から雪で、車に積もった雪にがックリきてしまいました。そして夕方には真冬のような降り方でした。

一転今日は朝から快晴です。

西のほうでは、もうすでに桜が咲き始めているところがあります。

こちらもこれから晴れて暖かい日が多くなることを祈るばかりです。今度こそ大丈夫…かな!?

今日の天気は“キツネの嫁入り”?

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年03月21日 (水)

今日は晴れていても急に雨や雪が降るお天気です。このような天気雨のことを「キツネの嫁入り」などと言いますね。

どこか遠くで降った雨が、風に流されて降る場合や、雨の粒が地面に到着するまでに、雨雲が消滅・移動してしまう場合などに、晴れているのに急に雨が降るいわゆる「キツネの嫁入り」がみられます。

なぜ「キツネの嫁入り」と言うかは定かではありませんが、キツネが結婚式を人間に見られたくないために雨を降らすのだという話もあるようです。

西洋では、このような天気雨を「悪魔の結婚式」というそうです。キツネと悪魔の違いはありますが、結婚式は共通というのは面白いですね。

天気の変わりやすい春や秋に良く見られる現象ですが、“嫁入り”の吉日を迎え、暖かく楽しい春の到来を期待したい今日この頃です。

当院からみた東の空と山

サンパラソルの花が咲きました。

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年03月20日 (火)

当院の玄関にあるサンパラソルの鉢に花が咲いています。

夏に咲くのが一般的(この花を知っている方に聞きました)との事ですが、いま一つ花を開きました。まだつぼみが幾つかありますので、これからが楽しみです。

お彼岸だというのに今年はまだ寒い日が続いていますが、寒さを吹き飛ばすかのように咲き始めたサンパラソルの花は、赤く力強く咲いています。

サンパラソルの花

腰痛にもタイプがあります。

Filed under: 治療方法 — @ 2012年03月15日 (木)

腰痛もその原因によって、いろいろなタイプがあります。

筋肉や関節のトラブルに起因する腰痛は、特定の動作や特定の角度で痛みが出るのが特徴となります。

血流やリンパの流れに起因する腰痛は、動作・角度など関係なく、持続性の一定の重い痛みが特徴となります。

内臓の病変に起因するものであれば、姿勢の変化に関係なく、また時間帯や痛みの強さがまちまちなのが特徴となると思います。

炎症がある場合には、じっとしていてもズキズキ痛むという症状が特徴と思います。

重篤なものを除外した上でも、筋肉・関節性なのか、血流・リンパ還流の問題なのかはしっかり判断する必要があります。特定の筋肉や関節の問題であれば、筋肉のバランスをとったり関節の動きを改善する刺激が必要ですし、血流やリンパの問題であれば、呼吸運動の改善や、肋骨の動きの改善を行うことになります。

また、自宅での注意事項も違います。特定の筋肉や関節の問題の場合は、痛みの出る動きは控えていたほうが良いのですが、血流やリンパの問題の場合は、じっとしていないほうが良くて、痛くても少し動いていたほうが早く痛みは治まってきます。

その見極めをきちんとして、しっかり対処していきたいと思います。

卒業式に行ってきました。

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年03月09日 (金)

私が非常勤講師としてお世話になっている北陸学園の卒業式が本日行われ、私も出席してまいりました。

卒業証書授与の後、褒賞授与がありました。いろいろなすばらしい賞をもらっていて改めて北陸学園の学生さんのレベルの高さを感じました。

また就職も100%で、東京や京都の一流ホテルに内定の学生さんもいました。

卒業式の後は、祝賀パーティです。ホテルニューオータニ長岡のおいしい料理をいただきながら、豪華賞品が当たる番号くじや卒業生の学園生活のスライドショーなど楽しい時間を過ごしました。

卒業生の眼の輝きを見ていると、毎年の事ながらこちらも身の引き締まる思いがします。

卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。皆様のご健闘を期待しています。でもくれぐれも身体には気をつけてくださいね。

骨盤ベルトの正しい使い方

Filed under: ワンポイントアドバイス — @ 2012年03月05日 (月)

ぎっくり腰など急に腰痛になった時、骨盤ベルトはとても強い味方になります。               

骨盤ベルト

しかし正しい使い方をしないと効果は半減してしまいます。

写真を見ていただくとわかるように、ウエストラインよりだいぶ下の所を

締めるようにします。(腰仙関節や仙腸関節という部分をカバーしています。)

前のほうの締めるポイントとしては、へそと恥骨の間にベルトが来るように

するとしっかり固定できますし、動いているうちにベルトが上がってくるのを

防ぐことにもつながります。つまり腰から少し斜め前の下に向かって締めるのが

ポイントです。

骨盤ベルトの位置

3月の予定

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年03月02日 (金)

3月になったとはいえ今年はまだまだ雪解けには時間が掛かりそうですね。

《3月の予定》

・3/4(日)、11(日)、18(日)、25(日)・・・予約いただいた方の治療とさせていただきます。(前日までにご連絡頂けると有り難いです。)

・3/9(金)・・・午前10時~午後4時30分まで外出いたします。(北陸学園卒業式出席のため)

・3/20(火)・・・休診いたします。

・3/23(金)・・・午前休診、午後通常通り

以上のように予定しております。日曜診療については出来れば前日までにお電話頂けると有り難く思います。

明日はひな祭りです。ひな祭りでこんなに雪の多い年はなかったように思います。もう少し暖かくなってくれると過ごしやすいですね。

肋骨は動くんです。②

Filed under: 治療方法 — @

息を吐くときにも肋骨は動きます。息を吐くときに働く筋肉や重力、また息を吸うときに働いた筋肉が緩むことも関係します。

息を吐くときに主に働く筋肉としては、

・内肋間筋、胸横筋です。

強制的に息を吐くときに働く筋肉は、

・下後鋸筋、広背筋、腰腸肋筋、胸最長筋、腹筋群、肋下筋です。

ヒトは呼吸により酸素を取り込んで、その酸素を使って細胞レベルではエネルギーを作り出しています。ですから呼吸運動がうまくいかないとエネルギーが造りだしにくくなります。このエネルギー不足は多くの症状に関係してくると考えられます。

長い間痛みを抱えている方はもちろん、なんとなく身体がだるいという方は、肋骨の動きをチェックして、改善することは身体の正常な働きが出来る第一歩になると思います。