"2012年9月"の記事

9月も有難うございました。

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年09月30日 (日)

今日は9月30日。今日で9月も終わりです。

今月もホームページ、そしてブログを見に来ていただき感謝申し上げます。

10月もいろいろな情報や当院の近況また取り留めのない記事?など随時アップしていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

わたしもがんばります。ワン!!

10月もよろしくね!

道草今むかし

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年09月29日 (土)

当院のある稲保団地は多くの小学生がいます。

朝の登校時には、集団で登校していく児童の姿が見られます。

下校時はというと、田んぼの用水を覗き込んだり、石を蹴ったりといわゆる「道草を食い」ながら、帰ってきます。

今もむかしも子供の道草は変わりないものです。

でもむかしと今とで違うのは、むかしの「道草を食う」のは、文字通り道の脇にある草を食べていました。

今思い浮かぶのは、「スカンコ」と「クワ」です。スカンコはイタドリという植物のことで、折って皮をむいて食べます。コリコリした食感とすっぱい味。おいしいとは言いがたいものですが、懐かしい味です。クワは、赤紫の実がおいしく、よく食べていました。

今思うと本当に貴重な経験だったと思っています。

稲保地区は、大規模な宅地造成工事を行っております。道路や設備がよくなる反面、自然の環境が少なくなっていくのは、少し残念な気もします。

脚の付け根の痛みはどこから来ている?

Filed under: 治療方法,院長ブログ,骨盤 — @ 2012年09月28日 (金)

脚の付け根の痛み(そけい部といいます。)のため来院された患者さん。

歩くと痛みが出るとのことです。聞いてみると3ヶ月ほど前から少し痛みがあり、昨日習い事のダンスをして痛みが強くなったとのこと。

歩くときはなんとなくかばって歩く感じです。

そこで検査です。反射は正常です。これだけでも頭の神経からの問題は除外できます。

次に股関節の検査です。ファブレーテストという股関節の動きの多くを調べるために用いる検査をしました。開きの角度は良好で、痛みもありません。

この検査で股関節自体の問題はないと考えました。

次に筋力テストをしました。歩くときに痛みがあるということなので、歩くときに働く筋肉のいくつかを調べました。痛みはほとんどなく力も十分入ります。

そこで今度は望診をしました。これは、文字通り身体を眺めて観る見方です。

すると痛みのあるほうの肋骨の動きが硬く、骨盤は上に上がっているように見えました。

そこで骨盤を上に持ち上げる筋肉、腰方形筋の筋力を調べてみようと思い、力を入れてもらったところ、「痛い!!」。

そこでこの腰方形筋に何らかの問題があると考え、筋肉を和らげる施術を行いました。いわゆる「トリガーポイント」に対する施術です。

腰方形筋にトリガーポイントができると、痛みが骨盤からそけい部に出現します。(下図参照)

治療後はほとんど痛みなく歩けました。家庭でのアドバイスと次回の施術の予定をお話して治療を終えました。

痛みがそけい部にありましたので、股関節や、脚の前側の組織に何らかの問題があると考えがちですが、本当の原因は、後ろの筋肉にあったというケースです。

腰方形筋トリガーポイント


「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアルより」

夏の疲れにチョイ痛治療がお勧めです。

Filed under: 治療方法,院長ブログ — @ 2012年09月26日 (水)

猛暑の夏がようやく終わりになったかと思ったら、今度は急に涼しくなってきました。

一週間で20度近い温度差がありました。この急な温度差は、身体にこたえます。

なんとなく身体がだるい、頭痛や肩こりなどの不調が起こりやすくなります。

そんなときにとても効果的なのが、痛気持ちいい「ニーディングストローク(ペトリサージュとして古く知られている。)」という施術です。

皮下のリンパの流れを改善するために、皮膚をつまんで引っ張るという施術です。

浅筋膜と皮下の間をはがすようにするため、チョイ痛ですが、代謝の改善にはとても効果的です。

夏の疲れが出始めるこの時期には、お勧めの施術です。

この施術をご希望の方は、「夏の疲れをとる治療をお願い」とお申し付けください。ぜひお試しを!!

安心感になっています。

Filed under: みなさまの声 — @ 2012年09月25日 (火)

症状をじっくり聞いて頂ける事が、

治療を受ける上で安心感になっています。

みなさまの声

《院長から一言》
お声をいただき感謝申し上げます。

いつもこちらからの注意事項や体操をしっかり行っているご様子で、嬉しく思います。

症状を聴いてお話していく中で、どこに問題があるかある程度推測できます。

安心して治療を受けていただくことは、ケアの基本と考えております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ナスもいろいろ!?

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年09月21日 (金)

先日スーパーで買ってきたナスの中に、こんなのがありました。

ナスでーす。

「はじめまして。今が旬ですよー。おいしく料理してくださいね。おいしいところがちょっぴり多いですヨ!!」

読書の秋に重宝です。

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年09月19日 (水)

先日当院へご来院している方からプレゼントを頂きました。

この方、当院の玄関や更衣室に飾ってある、ちぎり絵を作ってくれた方です。

91歳のご婦人です。

「これ作ってきましたけれど、何かわかりますか?」

「このつばきの絵はわびすけかな。」

「絵じゃなくて、これは何に使うものかわかりますか。」

「・・・・」

「これは寝ながら本を読む時に使うと便利なんです。」

本台

なるほどこれなら、適度な角度で本が置けます。

本台

そろそろ秋分。秋の夜長の読書にとても便利な作品を頂きました。

揉んだり、叩いたりではなく引くんです。

Filed under: 治療方法 — @ 2012年09月13日 (木)

痛い所を揉んだり叩いたりすることは、皆さんよくすることではないでしょうか。

ところが、筋肉の緊張が強い時や痛みが強いときに揉んだりした後、余計痛くなったという経験もあるのではないでしょうか。

痛みのあるところは、筋肉や靭帯などの軟部組織の動きが悪くなっています。

つまり押さえ込まれた状態にあると考えられます。ですからその押さえ込みを開放してやることが大切と考えています。

そのためには、さらに押さえ込む(揉んだり、叩いたり)のではなく、中のエネルギーを開放してやるように「引く」刺激が有効と考えています。

むかし谷啓さんのギャグで「ガチョーン」というのガチョーンがありましたが、谷啓さんいわく、「ガチョーンは森羅万象すべてのものを引き寄せるイメージ」と言っていましたが、まさにその感覚です。

引く刺激も大いに使って、皆様のニーズにこたえられる施術をしていきたいと思っております。、

疲れが以前と違って短時間で回復するようになりました。

Filed under: みなさまの声 — @ 2012年09月12日 (水)

先生の所に伺ってから十数年になります。最初はひじが痛くて通っておりましたが、先生といろいろお話しているうちに体のゆがみを直すことによって体全体が良くなる事を知りました。

以前から動悸、息切れ、頭痛、吐き気の症状があり、夜ねむれない事がしばしばありました。
その事をお話すると先生はとてもわかりやすい説明をされ体全体ののゆがみを直してくださいました。

それで今は良くなりました。つかれが以前と違って短時間で回復するようになりました。
先生ほんとうにありがとうございました。

みなさまの声

《院長から一言》
お声をいただき有難うございました。本当に長い間にわたって、お越しいただき感謝申し上げます。

またご家族様をはじめ、多くの方をご紹介いただき本当に有難うございます。

時間はかかりましたが、最近はかなり身体がしっかりしてきたと思います。

お出かけするのがお好きなようですが、今までは身体が心配で二の足を踏んでいたようですね。

これからは大いにお出かけして、楽しいお話を聞かせてください。

神の遣いか!?

Filed under: 院長ブログ — @ 2012年09月10日 (月)

今朝当院の玄関先の植木に、白いカエルを発見しました。

大きさ、形からするとアマガエルだと思うのですが、色は白色です。

白い動物は、希少で、ともすると「神の遣い」などと言われることもあります。

カエルの場合は保護色で、外敵から身を守るため体の色を変えることは知られていますが、

周囲は緑と茶色の植木。。。よけい目立ちませんか?

しかし朝日の当たる東側の木に、私の出入りにも動じることなくじっとしている、さらにこの眼光の鋭さは

神の遣いならずとも、かなりの「ど根性ガエル」なのは、間違いない!!

白いカエル